害虫の駆除 | シロアリ駆除をして安全性を保つ【ホーム・クリーン】

害虫の駆除

南京虫を駆除駆除するために

南京虫は夜間に活動を活発に行い、二酸化炭素に誘われて獲物を見つけ、血を吸いにくることが知られています。そのため、一般的に、昼間は物陰に隠れていることが多いことから、畳のスキンであったり、裏側、じゅうたんの下などに潜んでいます。一匹の大きさは5mmから8mm程度といわれていることから、探すのが困難に感じますが、実際には、集団でいることとその糞が特徴的であることから、居ればわかる状態といえます。南京虫駆除をするには、まずはこの生態をつかんで居場所を突き止めることが最も重要なのです。それさえ把握すれば、南京虫駆除は一気に成功に近づいていきます。

現在の南京虫事情について

日本には江戸時代あたりの文献に、日本にいたことが記されているように、1960年あたりまでは各地でよく見かけられていた害虫ですが、昨今は殺虫剤が有効に働くようになり、少なくなっていました。しかし、グローバル化が進み、各地からやってくる外国人を経由して日本に持ち込まれることが増えています。そこで、ホテルなどを経由して、日本人の自宅にも持ち込まれてしまっているのです。ですから、そういったところで、体にかゆみを感じた時には南京虫の被害を疑ってかかり、しっかりと体や服を点検することが重要です。さらに最近ではスーパー南京虫と呼ばれる、薬剤が効かない種も表れているため、場合によっては南京虫駆除など行っている専門業者に相談することが適切な対処といえます。