害虫の深刻問題 | シロアリ駆除をして安全性を保つ【ホーム・クリーン】

害虫の深刻問題

南京虫は吸血する虫です

一般的に、寝ている間に体がかゆくなった場合など、布団にダニがいる、という会話がさせることが多くあります。特に、旅行先などでは、そういった会話がされることも多く、一時的なものだけに、深刻に考えない場合もあります。しかし、最近では、海外からの旅行者を介して、日本国内に南京虫が増えてきているのです。自宅に持って帰ってしまい、家で繁殖してしまうと、本格的な南京虫駆除をする必要が出てしまうため、非常に厄介なのです。吸い取って捨てる、熱湯で洗浄する、薬剤を噴霧するなどの対応をとることで、南京虫駆除が可能になります。

南京虫の駆除には専門知識が必要

南京虫という言葉を聞いても、姿かたちなど、今の若い世代の人はピンとこないものです。というのも、1960年代くらいまでは、日本でもあちこちに南京虫がいたといわれていますが、殺虫剤の開発が進み、南京虫駆除が進んだおかげで、被害も聞くことが少なくなったことが一因といえます。その分、目にすることがなくなり、実際どう対処してよいかがわからなくなっているわけです。それでも、今の時代はインターネットが普及してきたおかげで、誰でも検索するだけで、その生態をつかむことができるようになりました。ただし、一般的な情報だけであるため、その場所にあった対策が進まない場合も考えられます。そういった時には、専門業者に相談して、現場を見てもらうことも必要になります。